フェイスラインにできたニキビ跡...一体何が原因?

鏡をのぞいたら、フェイスラインにポチポチ。
普段と同じように生活しているのに、いったい、なぜ出来たんだろう?
このようなニキビ跡が出来て苦しんでいる方も少なくありません。

実際、
「フェイスラインにできたニキビ跡、なにが原因なのでしょうか?」
「フェイスラインのニキビがいつの間にかニキビ跡になってしまいました。なんでニキビ跡になったの?」
といった質問をされている方が多いです。

ここでは、フェイスラインに出来たニキビがニキビ跡になるメカニズムを紹介します。

一般的にフェイスラインにニキビが出来やすいのは、ホルモンバランスの乱れやストレスや食習慣の乱れなどから生じると言われています。
これらを改善するだけでも、ニキビの増加を抑制する効果が期待できます。

フェイスラインのニキビは、思春期以降に出来やすいニキビとも言われています。
一般的にフェイスラインは、皮脂分泌がそんなに活発ではありません。(そんなに汗をかきません。)
そのため、毛穴が小さくなっており、毛穴の汚れがたまりやすくなり、ニキビが出来やすくなるようです。

ニキビができるのを助長する大きな原因は、肌の乾燥。
しっかりと肌保湿をして乾燥させないようにすることが、ニキビ予防に大切なのです。
また、フェイスラインにニキビが出来ると、紫外線や間違った洗顔方法などで刺激があると、すぐにニキビ跡として残ってしまうのです。
軽くかいたり潰したりするだけでも、ニキビ跡は出来てしまうのです。
クレンジングの際も、しっかり洗い落としておかないと、どんどん洗い落としの汚れが溜まり、皮脂が詰まる原因にもなるので注意してください。

ニキビ跡が出来たら、炎症を抑える薬を服用したり、保湿を行う(低刺激)+紫外線対策が重要です。