サイトンレーザーはフェイスラインのニキビ跡に効く?

サイトンレーザーでニキビ跡を治療したという方も多いと思います。

ところで、サイトンレーザーってどんな治療なのでしょうか?
フェイスラインのニキビ跡に効くのでしょうか?
ここでは、サイトンレーザーについて紹介します。

サイトンレーザーは、複数のレーザーとフラッシュランプが搭載されている機器。
アメリカでは、レーザーの王様(King of laser)とも言われています。
シミ・シワ・たるみ・ニキビ跡・色素沈着などに対して治療ができる機器でもあります。

【エルビウムヤグレーザー】
1回でツルツルの肌に変えてくれると言われている治療方法。
3000m近い波長をもつレーザーで皮膚表層を均一に削り、新しい肌に変えていきます。
①マイクロレーザーピール
ダウンタイムは3日程度ありますが、効果は高い。
表面麻酔をした上で行うようです。

②アークティックピール
ダウンタイムはなし。(翌日メイク可能)
麻酔なしでも行えるなどのメリットがあります。

③サイトンレーザーアブレーション
ダウンタイムが1週間~2週間程度とありますが、ニキビ跡のクレーターにおすすめ。
麻酔をした上で行うようです。
ちなみに、ダウンタイム(肌が赤くなったり腫れたりなど)は人によって代わってくるので一概には言えません。

【サーマスキャン】
肌細胞の再生を促す治療方法。
皮膚表層を冷却し、真皮層を活性化させる。
コラーゲンの活性化だけでなく、シワやたるみ、ニキビ、ニキビ跡にも効果があると言われています。

このように、1回で肌がツルツルになったり、ニキビ跡のデコボコが平らになったりと体感されている方も少なくありません。
しかし、サイトンレーザーは皮膚科や美容外科によって効果もまちまち。
一定して安定した機器だとは言い切れません。

きちんと、信頼できる医療機関で処方されることをおすすめします。